超軽量リチウムバッテリー

2輪車用リチウムバッテリー比較

現在、2輪車・4輪車(ガソリンエンジン)用のリプレース用バッテリーとしてリチウムバッテリーが多くの種類が販売され始めました。純正の鉛バッテリーと比較して1/3の軽量化と長寿命でメリットが沢山あります。
ここでは日本でメジャーになりつつある2輪車用に提供している4社のリチウムバッテリー(リチウムフェライト)の比較をしたいと思います。

各メーカーとも車種や性能に合わせて、ラインナップを持っていますので、今回はBMW R1200GS用で比較してみました。

メーカー ALIANT Antigravity SKYRICH SHORAI
モデル X4  AG1201 HJTX20-FP LFX21A6-BS12
容量(Ah) 9.2  12.5  7 21
重量(Kg) 1.42  1.2  1.7 1.38
BMS 搭載  ? 簡易  搭載
CCA(A) 400  360  420 315
平均寿命(年) 5~7  4~5 3~4 3~8
最大充電電圧(v) 14.6  14.6 15.0 14.8
保障(年)  1Y 3Y 1Y 3Y
価格(円) 36,800 35,700 29,000 24,800

比較ポイント:

1.BMSが搭載されているか?
BMS(バッテリーマネージメントシステム)はリチウムバッテリーの場合には特に重要です。複数のセルを正確に管理する事で出力と寿命に影響を与えます。
2.CCA(Cold Cranking Ampere)
CCAは言わば、セルを回すためのトルク量の指標として考えます。この値が十分でないと、電圧は正常値だけどセルが回らない状態になります。専用の測定機で計測出来ますがリチウムバッテリー用はないので、メーカーからのカタログ値を信じるしかありません。
3.コストパフォーマンス
コストパフォーマンスを考える上で、上記のCCA当たりの価格を考えてみました。邪道かもしれませんが、ひとつの指針になるかもしれません。

ALIANT Antigrabity SKYRICH SHORAI
BMS
CCA
コスト
パフォーマンス(CCA)
92 99 69 ◎ 78 ○
total point
◎:5 ○:3
10 3 10 8

上記の比較ではALIANTとSKYRICHが重要項目全体においては同等ですが、BMSによる管理の点を重要視すれば、Aliantのリチウムバッテリーがベストの選択です。
純正の鉛バッテリーからリチウムバッテリーへリプレースする理由はそれぞれ異なると思いますが、軽量化と安定したエンジン始動力だけでも、十分な価値があると思います。
特にツーリングをメインとしてバイクライフを楽しんでいる方にお勧めしたい製品ですね。

超軽量バッテリー Aliant の特徴

軽量バッテリー Aliant

1. とにかく軽量かつコンパクト
少しでも軽量化をしたい2輪ユーザのニーズに答える、超軽量バッテリーで純正の鉛バッテリーを約70%軽量化が可能です。さらに、空いたスペースを別の用途に使用する事も可能。
利用シーン:レース用マシンの軽量化、カスタマイズ

2. 高出力で抜群のエンジン始動性
世界で高い安全性と高出力で定評ある LiFePO4 26650を採用し、スターターバッテリーとしての高いエンジン始動性能を提供します。冬季や使用頻度の低いオートバイでのエンジン始動に不安があった方には、最適なバッテリーです。純正の鉛バッテリーと比較して、圧倒的に少ない電気容量で高出力を発揮しますので、エンジン始動で驚くほどの力強い始動性で安心してツーリングに出かけられます。
利用シーン:ツーリングユースでの容易なメンテナンス。安心のエンジン始動性能

3. 長寿命(高耐久性)とメンテナンスフリー
リチウムバッテリーの特性により、5-7年以上の長寿命が可能です。純正の鉛バッテリーの場合には、標準的に2~3年で交換していたバッテリーがALIANTにリプレースする事で倍以上の寿命となりますので、突然のエンジン不動の不安が和らぎます。
さらに、ALIANTの自己放電率は鉛バッテリーの1/7以下なので、中・長期間の保管後のエンジン始動の不安も解消されますね。メーカーHPによれば、満充電で車両保管した場合、約1年放置後でもスターターを回すのに十分なエネルギーを維持するとの事です。
※待機電流による微弱電流消費をするイモビライザー等を搭載する車両の場合には、別途取扱い方法に注意が必要となります。
利用シーン:頻度の少ないツーリング用バイクの長期のメンテナンスフリー。

4 .BMS(バッテリー・マネジメント システム)による優位性
”BMS”は聞きなれない名前だと思いますが、簡単に言うとバッテリー本体を構成する各セルに接続し、各セル間の電圧を常にバランスさせ維持・管理するシステムで、安全に効率よく使用するため回路のようなものです。
BMSを未搭載のリチウムバッテリーでは安定した高出力を維持することは出来ません。

5 .品質・保証
全製品にシリアルナンバーが付与され、厳重な品質管理の元で生産されています。 また、保証期間は製品購入日より1年間です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク