ついに電動バイクの時代!E-Vinoに試乗

クルマや自転車などの電動化が進む中、
なぜか進まなかった電動バイクの開発。
しかし最近になってリチウムイオン電池はどんどん高性能になり、
メーカーも低価格な電動バイクを続々リリースしている。

そこで試しにヤマハから発売されたE-Vinoを借りて試乗してみた。
外観は女性が好みそうなかわいいデザインのスクーターで、
一見しただけでは電動バイクとは分からない。

しかし、実際に乗ってエンジンを始動してみると、
一般的なスクーターのようにセルモーターがないのに気づく。
キーをONにしてメーター部分に設置されたボタンを押せばエンジンが始動するのだ。
電動なのでもちろんアイドリングもなく、
この時点で普通のバイクに乗り慣れた人はかなり違和感を感じる。
でも慣れてくると信号待ちでアイドリングがないことでお尻に伝わる振動がなく、
「これは結構快適かも知れない」と思うようになる。

den

実際に愛車として乗るにはフル充電でも20km程度しか走行できないことや、
メットインのスペースをバッテリーが占領しており、
収納スペースがわずかしか確保されていないなど不便な点も多いが、
20万円ちょっとという価格設定はかなり魅力的。
同タイプのガソリン車と比べてもそんなに高いという印象はなく、
むしろ乗っていくうちにガソリン代が掛からないのでお得になるかも知れない。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク