ガソリン車から電動スクーターへの乗り換え相談

低燃費でエコに特化したバイクを知ってしまうと、
大排気量のバイクに乗っている人は乗り換えたくなることが多い。
大型バイクと電動スクーターではカテゴリーが違い過ぎるため、
それぞれの魅力を比較すること自体が難しい。
そもそも電動スクーターは近距離でも街乗り専用と言ってもいいバイク。
走行性能や長距離移動のしやすさは大排気量のバイクに到底及ばない。

それでも電動スクーターに一度でも乗った人はその魅力に気づく。
ガソリン車のような豪快な加速感はなくとも、
静かに滑るように加速する電動バイクならではの走りや、
燃料不要で家庭用電源から充電するだけで走れることの手軽さなど、
これまで色々なバイクを乗り継いできた人ほど「新しい」と感じるようだ。

先日も長い間400ccを乗り継いできた人から、
電動スクーターを購入したいという相談を受けた。
その方は中型クラスのバイクを複数所有しているのだが、
そのうちの一台を売却して電動スクーターの購入費用に充てたいとのことだった。

最近は電動スクーターへ乗り換えたいという相談を多く受けるようになったが、
所有するバイクが一台しかなく、
そのバイクと引き換えに乗り換えたいという場合は再度考えるようアドバイスする。
何故なら電動スクーターはガソリン車と同レベルには達しておらず、
乗っていくうちに物足りなさを感じることも少なくないからだ。

しかし、今回のようにバイクを複数所有しているなら話は別。
電動スクーターを所有することの注意点やデメリットを説明しつつ、
積極的に乗り換えに関するアドバイスをさせてもらうことにした。

カテゴリー: 未分類 | ガソリン車から電動スクーターへの乗り換え相談 はコメントを受け付けていません。

ついに電動バイクの時代!E-Vinoに試乗

クルマや自転車などの電動化が進む中、
なぜか進まなかった電動バイクの開発。
しかし最近になってリチウムイオン電池はどんどん高性能になり、
メーカーも低価格な電動バイクを続々リリースしている。

そこで試しにヤマハから発売されたE-Vinoを借りて試乗してみた。
外観は女性が好みそうなかわいいデザインのスクーターで、
一見しただけでは電動バイクとは分からない。

しかし、実際に乗ってエンジンを始動してみると、
一般的なスクーターのようにセルモーターがないのに気づく。
キーをONにしてメーター部分に設置されたボタンを押せばエンジンが始動するのだ。
電動なのでもちろんアイドリングもなく、
この時点で普通のバイクに乗り慣れた人はかなり違和感を感じる。
でも慣れてくると信号待ちでアイドリングがないことでお尻に伝わる振動がなく、
「これは結構快適かも知れない」と思うようになる。

den

実際に愛車として乗るにはフル充電でも20km程度しか走行できないことや、
メットインのスペースをバッテリーが占領しており、
収納スペースがわずかしか確保されていないなど不便な点も多いが、
20万円ちょっとという価格設定はかなり魅力的。
同タイプのガソリン車と比べてもそんなに高いという印象はなく、
むしろ乗っていくうちにガソリン代が掛からないのでお得になるかも知れない。

カテゴリー: 未分類 | ついに電動バイクの時代!E-Vinoに試乗 はコメントを受け付けていません。