電動スクーター登坂能力

電動バイクの各メーカーのカタログには ”x%勾配” 、”x度”、”最大度版角度”など登坂力の性能を示すデータが記載されていますが、登坂能力は実際にどのような意味なのでしょう?普通の方にはあまりピンときていないのでは?と思います。

急な坂道まず、道路勾配を表す方法は、パーセント(%)と角度がありますが、日本で一般的にはパーセントが使われていますね。まれに山道で”傾斜角 n %”などと表示されている看板を目にした事はあるかも知れません。判りやすく説明すると、パーセント表示は水平100mに対して、垂直に何メートル上がるかで表しています。

例:水平1mに対して垂直に1cm上がるのが1%の坂です。
道路構造令には、道路の縦断勾配は道路の区分および設計速度に応じて、2~12%以下でなければならないと定められています。

道路勾配
道路勾配[%] = 100 x 垂直距離[m]/水平距離[m]

また、カタログに”x度”、”x°”と記されているものもあります。この度数での表示は”%表示”と同じではありませんので、注意が必要です。換算すると10度=17.6% 12度=21.2% 14度=24.9%になります。

原付1種の電動スクーターでのカタログ値は、18%~20%の車両が多いです。原付2種では20%~30%。一般公道を走行する限りは22%(12度)以上あれば問題ないと思いますが、登坂能力が18%(1o度)未満の電動スクーターで坂道を走行する場合には、事前に試乗した方が良いと思います。
県道・市道などには、12%以上の傾斜地もありますので、普段活用するルートを確認してみるのも良いでしょう。
各メーカーのカタログ表記で、運転者の想定体重や停止状態からの登坂なのか、登坂速度なども明確に説明されているものは安心ですね。

そうは言っても、道路に傾斜角が明記されている道も少ないですし、登坂能力を記載していない車種もありますので、近所の私道で登坂力のテストを実施しましたので、参考にして頂ければと思います。

注意:電動バイクの性能は登坂力だけで判断できるものではありません。登坂力意外にも航続距離や乗り心地、最高速度やトルク感や価格など、お客様の用途と好みなどで総合的に検討して選択される事を推奨します。

カテゴリー: 未分類 | 電動スクーター登坂能力 はコメントを受け付けていません。

中型以上のバイクを売るならバイク王

バイクを乗り換える方からよく相談を受けるのが、
今乗っているバイクをどうするかという事。
当然何らかの方法で売却して新しいバイクの購入資金に充てるのだが、
問題はどのルートで売るのが一番お得かということだ。
考えられる手段は大きく分けて以下の3つがある。

・新しいバイクを買う店での下取り
・バイク買取り専門店に売却
・ネットオークションでの個人売買

まず、新しいバイクを購入する店での下取りだが、
この方法は一番手間が掛からず楽に処分できる反面、
3つの方法の中で買取り価格が一番安くなってしまう方法と言える。
何故なら新車を扱うバイク販売店の場合、
中古車を販売するルートを持っていない場合が殆どで、
多くの場合は業者オークションに出して中古バイク販売業者に転売するか、
店頭で売れるまで並べておくしかない。
そのため買取り価格がどうしても市場より安くなってしまう。

次にバイク買取り専門店での売却だが、
結論から言えばこの方法が一番おすすめの方法だと言える。
買取店の規模にもよるが、
バイク王のように全国展開している買取店なら独自の販売ルートを持っており、
買取ったバイクは自社で整備・点検をして販売するためコストが掛からない。
さらに買取り査定は無料で自宅まで来てくれるので手間も掛からない。
バイク王の傾向として中型以上のバイクは高い値段で売れやすい傾向にあるので、
250cc以上のバイクを処分したい方には迷わずおすすめしている。

ただし、買取店によっては問い合わせたときは高い買取価格を伝え、、
実際に査定すると何かとクレームをつけ、
買取り価格を下げる業者もいるので注意したい。

最後にネットオークションを使う方法だが、
この方法は上手くいけば買取店より高く売れる反面、
個人間の取引きになるのでトラブルが一番多い方法。
それだけに個人売買に慣れていない方にはおすすめできない。

カテゴリー: 未分類 | 中型以上のバイクを売るならバイク王 はコメントを受け付けていません。

ガソリン車から電動スクーターへの乗り換え相談

低燃費でエコに特化したバイクを知ってしまうと、
大排気量のバイクに乗っている人は乗り換えたくなることが多い。
大型バイクと電動スクーターではカテゴリーが違い過ぎるため、
それぞれの魅力を比較すること自体が難しい。
そもそも電動スクーターは近距離でも街乗り専用と言ってもいいバイク。
走行性能や長距離移動のしやすさは大排気量のバイクに到底及ばない。

それでも電動スクーターに一度でも乗った人はその魅力に気づく。
ガソリン車のような豪快な加速感はなくとも、
静かに滑るように加速する電動バイクならではの走りや、
燃料不要で家庭用電源から充電するだけで走れることの手軽さなど、
これまで色々なバイクを乗り継いできた人ほど「新しい」と感じるようだ。

先日も長い間400ccを乗り継いできた人から、
電動スクーターを購入したいという相談を受けた。
その方は中型クラスのバイクを複数所有しているのだが、
そのうちの一台を売却して電動スクーターの購入費用に充てたいとのことだった。

最近は電動スクーターへ乗り換えたいという相談を多く受けるようになったが、
所有するバイクが一台しかなく、
そのバイクと引き換えに乗り換えたいという場合は再度考えるようアドバイスする。
何故なら電動スクーターはガソリン車と同レベルには達しておらず、
乗っていくうちに物足りなさを感じることも少なくないからだ。

しかし、今回のようにバイクを複数所有しているなら話は別。
電動スクーターを所有することの注意点やデメリットを説明しつつ、
積極的に乗り換えに関するアドバイスをさせてもらうことにした。

カテゴリー: 未分類 | ガソリン車から電動スクーターへの乗り換え相談 はコメントを受け付けていません。

ついに電動バイクの時代!E-Vinoに試乗

クルマや自転車などの電動化が進む中、
なぜか進まなかった電動バイクの開発。
しかし最近になってリチウムイオン電池はどんどん高性能になり、
メーカーも低価格な電動バイクを続々リリースしている。

そこで試しにヤマハから発売されたE-Vinoを借りて試乗してみた。
外観は女性が好みそうなかわいいデザインのスクーターで、
一見しただけでは電動バイクとは分からない。

しかし、実際に乗ってエンジンを始動してみると、
一般的なスクーターのようにセルモーターがないのに気づく。
キーをONにしてメーター部分に設置されたボタンを押せばエンジンが始動するのだ。
電動なのでもちろんアイドリングもなく、
この時点で普通のバイクに乗り慣れた人はかなり違和感を感じる。
でも慣れてくると信号待ちでアイドリングがないことでお尻に伝わる振動がなく、
「これは結構快適かも知れない」と思うようになる。

den

実際に愛車として乗るにはフル充電でも20km程度しか走行できないことや、
メットインのスペースをバッテリーが占領しており、
収納スペースがわずかしか確保されていないなど不便な点も多いが、
20万円ちょっとという価格設定はかなり魅力的。
同タイプのガソリン車と比べてもそんなに高いという印象はなく、
むしろ乗っていくうちにガソリン代が掛からないのでお得になるかも知れない。

カテゴリー: 未分類 | ついに電動バイクの時代!E-Vinoに試乗 はコメントを受け付けていません。